ユーイーエスエンジニアリング株式会社

資料請求・お問合せはこちらをClick

お電話でのお問い合せはこちら TEL 03-5829-9455

HOME > トピックス

トピックス

新発売 昇降サイクルラック 特許商品 詳細はこちらをClick
新発売 昇降サイクルラック 特許商品 詳細はこちらをClick
バックナンバー  

3人乗り用 対策ラック

ランドリーリフター


新登場 電動駆動(重量)自転車・3人乗り用 対策ラックのご案内 35kg対応 US-270ST型

現状
自転車イメージ  

最近、左の写真のタイプが著しく増えており、従来の自転車ラックに収容しようとしますと、次のような問題で収容できない場合が発生しています。

1

ラック収容重量の制限は22kg~25kgであるのに対して電動式は30kgを超えるものが多い。

2

自重が重い為、傾斜したラック・高低差を付けたラックに入れるのが困難。

3

前部にあるチャイルドシートがハンドルよりサドル側に出っ張り、隣の自転車のハンドルとぶつかる。本来サイクルラックは高低差でハンドルをかわし、狭いスペースに多くの自転車を収容出来るように設計されており、ハンドルより手前出っ張るチャイルドシートは想定されていない。

4

2段式の場合、チャイルドシートの背もたれが高い場合、収容出来ない。

 
ラックに収容できない自転車が増えています。
お気軽にお問合せください TEL:03-5829-9455
UESからのご提案
ピッチを広く、スライド式で前後の差を広く、ラック本体の強度をUP、ローラーの強度をUP
丸棒の強度をUP
効果
効果イメージ

左の写真は真後ろからのものですが、270mmピッチの為、自転車同士がかわせて収容できています。
又、右の写真は同じ箇所を横から見たものですが、チャイルドシートとハンドルがギリギリかわせています。
これは前後差500mmの効果です。


電動駆動付き自転車を収容してもラックの強度を上げている為、スムーズな操作が可能です。


ラック自体の強度UPにより、35kgまでの自転車の収容が可能です。

丸いカゴもかわせています。   通路側に出ているラックでは、背もたれの
高いチャイルドシートも収容できます。

丸いカゴもかわせています。

 

通路側に出ているラックでは、背もたれの
高いチャイルドシートも収容できます。


ブリジストン アンジェリーノアシスタ   ブリジストン アンジェリーノアシスタ

ブリジストン アンジェリーノアシスタ 約31kg


お気軽にお問合せください TEL:03-5829-9455お問合せはこちらをClick

Copyright(C)2009 UES engineering. All Rights Reseved.

ページの上部へ戻る